バスケットボールに関する情報が満載!

わいわいバスケット

バスケットボールをするなら、トレーニングはこれだ!

バスケットボールは動きが激しいうえに、相手チームのプレイヤーとの接触を避けられないスポーツです。
そんなバスケットボールプレイヤーに必要なトレーニングとは一体何でしょうか?激しい動きに耐え、相手との接触にも動じない体づくりが必要ですね。
そこでご紹介したいトレーニングは、ずばり「股関節」です。
股関節の可動域を広げることは、すなわち、股関節の柔軟性を高めるということです。
こうすることで、動きが良くなります。
体の軸がしっかりとすることにも繋がるので、ぶれない体を作れるというわけです。
素早い動きの中でシュートを打つとき、ぶれないということは大変重要です。
ディフェンスの際の足のスタンスが広がることにも繋がります。
柔軟性が高まることで怪我の予防にもなるので、一石二鳥ですね。
各スポーツで活躍する選手の中に、股関節がガチガチな人なんてそうはいないでしょう。
股関節のトレーニングで、あなたのプレーの質を高めましょう!

バスケットボールのためのトレーニングとは

バスケットボールは、持久力だけではなく、瞬発力も必要になるスポーツでバランス良くトレーニングをする事が大切になります。
バスケットボールのトレーニングで最も多い練習が走る事です。
ラン&ダッシュでは走るスピードに緩急を付ける事で試合中に必要になる瞬発力を鍛え、シャトルランでは持久力を鍛えるといった目的があります。
また、ダッシュの途中にターンやストップを加えている事でトランジションに欠かす事の出来ない素早さを鍛えるといった効果もあります。
バスケットコート前面を使用するトレーニングのフットワークでは、足を細く動かす事で単純なダッシュでは身に付ける事の出来ないバスケットに必要な足腰を鍛えながらディフェンスの基礎を修得する事が出来る効果を得る事が可能となっています。
スリーメンでは、ダッシュに加えボールを使用する事で実際の試合を想定した動きの確認をする事が出来たり走り方、攻め方のバリエーションを増やす事が出来ます。

Valuable information



Last update:2019/8/1

『バスケットボール トレーニング』 最新ツイート

@powerhouse045

バスケットボールプロショップが作った バスケットボール選手の為の プロテイン😳 とことん拘った成分バランス! ぜひ日々のトレーニングに 加えてみては? #ライバルは今のジブン https://t.co/m0KfeUV0mN

4時間前 - 2020年08月03日


@T_Kuroko_koza

アメリカの国際YMCAトレーニングスクール(現・スプリングフィールド・カレッジ)の体育部教官のカナダ人のジェームズ・ネイスミスさんが1891年に考え出したルールが現在のバスケットボールの原型になっています。

23時間前 - 2020年08月02日


@vinceelbow

かかとから踏み切りすると、つま先に体重移動する無駄というかタイムラグが出てしまうのは納得。 代々木ボーラーの小柴さんが動画で話してのが気になったので、そこら辺意識しながらトレーニングしていこう。 #ダンク #ジャンプ #バスケットボール

1日前 - 2020年08月02日


PAGE TOP

COPYRIGHT(C) わいわいバスケット ALL RIGHT RESERVED